学生ローンと教育ローンの種類

 学生ローンは、使い道が決まっていないフリーローンがほとんどを閉めています。フリーローン以外の学生ローンとしては、賃貸料の初期費用や教育資金のために組むことができるローンがあります。他には、自家用車のローンも使われています。審査によって、返済能力があると見なされた顧客に対して貸出が行われており、そこに学生も含まれているという場合もあります。

学生でも融資を受けられる学生ローンを利用する時には、年齢は20歳以上であり、一定の安定した収入があることが条件となります。本人の信用だけで、保証人なしで利用可能なこともあります。ローンの申し込み時点での審査をクリアーした場合に、ローンを利用することが可能となります。

審査の結果が思わしくない場合は、これまでのローン利用実績の中で延滞をしたことがあるなど、何らかのトラブルを起こしたことがある場合です。ローンの利用額に関わる法律が2010年6月に見直されたことによって、住宅や車のローンでない限り、年収の3分の1以上の融資は利用不可能となりました。

新たなローンを申し込んでも借入額の合計金額が年収の3分の1以上になってしまう場合は審査が通らないケースが多くなります。現時点で利用ているローンも、再審査によって借入ができなくなるということもあります。通常のローンでも起きている話であり、学生に限ったものではありません。

ろうきんは会員が出資し相互扶助を目的に設立された非営利団体です。

銀行や信販会社のような営利目的ではないので2から3%台の低めの金利が特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と、国の教育ローンと比較するとかなり高額で返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

ろうきん会員以外の方でも借りることはできますがろうきんの会員であれば優遇金利が適用されるケースが多いです。

ろうきんの特色として地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送りや下宿代といった用途も認められている点がユニークです。

学生本人が教育ローンを利用するというのは基本的には難しいでしょう。

学費目的と言ってもお金を借りることに変わりはありませんので借主は貸借契約の責任を取らなければいけません。

そのためには借入者が成人であることや安定継続した収入があることが認められる必要があります。

更に現在勤めている職場を退職する予定がないことや家賃や光熱費などといった生活費を全て自分の収入で賄えていることも重要です。

ですので、国の教育ローンよりは銀行やノンバンクの教育ローンのほうが融資が下りる可能性は高いと言えるでしょう。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプがあることをご存知ですか?通常のカードローンと同じように限度額の範囲内であれば借り入れや返済を自由に繰り返すことができるといったローンです。

一般のカードローンと異なる点は教育資金以外に使えないことです。

ノンバンクや消費者金融などに多い商品ですが銀行でもカードローン型を提供しているところはあります。

学費がわかりやすい初年度は一括借入れ型でかかる学費がよみ辛い2年目以降でカードローン型が利用できるという金融機関もあります。

教育ローンではいくらまで借りられるかということについてご説明します。

最初に答えを言うと、銀行やノンバンク等によって融資額はそれぞれ異なります。

国の教育ローンの場合、最大350万円まで借り入れが可能です。

民間の銀行の場合は300万円から1000万円程度となっています。

進学先が医学部や獣医学部などといった医療系の学部であれば、3000万円まで融資してくれる銀行もあります。

一方、信販会社は学校と提携している場合があり、提携校によって融資額が変わりますので、学校と提携しているローンが1番お得だとは限りません。

高校生の学費なら安いのでは思う方もいるかもしれませんが、私立であれば年間70万円以上も学費が必要になります。

学費が払えないとどうなるか?最悪の場合、除籍や退学になってしまいます。

高校は教育機関なので、すぐに除籍ということにはなりませんが3か月以上滞納してしまうと、除籍や退学になる可能性が上がります。

払えないときの解決策は借金になりますが借りる際には借入先を慎重に選ばないと借金が膨大になってしまう可能性があります。

国の教育ローン(教育一般貸付)であれば低所得者の味方ですから安心して借りることができますよ。

低い金利で借りられる教育ローンと言えば国が運営している教育一般貸付です。

年1.76%という低金利なので銀行やノンバンクと比べてかなりお得になっています。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国の教育ローンがどれだけ低金利なのかよくわかりますね。

利用条件として学費以外にも定期代やパソコン購入費など幅広く多様な使い道に対応可能となっています。

しかし、こちらのローンは低所得者でも学びたい気持ちをサポートするというものになりますので、対象となるのは大学や専門学校などを目指す中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンの融資の受け取り方法のひとつに一括で借り入れられる一括借入れ型があります。

要は住宅ローンのように一括で全額受け取るタイプの融資です。

銀行の多くはこの一括借入れ型になります。

一括借入れ型の主な特徴としてローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

シミュレーションしやすいというメリットがありますが追加資金が必要になった場合は新たにローンを組まなければなりません。

教育ローンもローン契約なので利用するには審査を通過する必要があります。

審査を受ける際にいくつか用意するものがあり、本契約までには全部揃える必要があります。

ネットで申し込んだ場合借入申込書は必要ありませんが源泉徴収票などの収入を証明する書類は必ず必要です。

運転免許書やパスポートなど本人が確認できる書類や家賃や公共料金の支払いが確認できる領収書あるいは通帳のコピーが必要になります。

ですが、何より一番重要な書類は在学していることが確認できる書類や、合格通知や入学許可書ということになります。

教育ローンの金利に関して説明すると、教育ローンの金利というものは、融資してくれる金融機関によってかなり差があります。

金利が低い融資期間だと1%台からありますが高いところでは金利が10%近いものもあるのです。

銀行の場合、口座などを作ることで優遇金利を受けられるケースがあります。

金利の計算方法というのが、2種類あり固定金利と変動金利があります。

昨今は低金利の時代と言われていますので固定金利の方がリスクが少ないと言われています。

国が貸してくれる教育ローンを知っていますか?国の教育ローンは日本政策金融公庫(日本公庫)が取り扱っています。

国の教育ローンは教育一般貸付と呼ばれ、最高350万円まで借り入れることができます。

金利は年1.76%と低く設定されており固定金利ですので、利子が膨れ上がる心配がありません。

子供の人数や世帯年収(所得)によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

使途は民間の融資機関よりも幅広く修学旅行費用や、学生の国民年金保険料などにも使うことができます。

教育ローンの申し込み方を紹介します。

申し込み方法には郵送で送る方法やインターネットを利用した申し込み方法などがあります。

郵送の場合は最初に電話などで借入申込書を請求してください。

その後書類がお手元に届いたら必要事項を記入し、返送することになります。

インターネットの場合は事前診断コーナーがあるのでそちらを利用することで借り入れ可能か診断することができます。

仮審査を申し込むのもWebで行えますしとても便利ですよね。

一通り仮審査申し込み手続きが完遂したら受付け完了メールが届くと思いますので、必ず確認してください。

教育ローンの返済方法をお知らせします。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から支払が始まります。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、在学中は利息のみの返済が認められているローンもあります。

教育ローンの返済期間については長いローンで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。

教育ローンと言っても借金であることは間違いないので返済シミュレーションで事前に返済状況を確認することをお勧めします。

教育ローンが借りれないという人にはどのような事情があるのでしょうか。

恐らく色々な要因があるでしょう。

まず、仕事に就いていることが必要となりますので無職や年金受給者は借りれません。

正社員である必要はありませんが安定継続した収入を得ているということをきちんと証明しなければいけません。

契約社員などの場合は最低でも2年以上の勤続年数が必要です。

また、年収も200万円以上は必要となりますので、それ以下ですと審査をクリアするのは厳しいと言わざるを得ません。

アルバイトしながら進学を目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを借りることは可能です。

ただし、融資を受けるには条件があり20歳以上の成人になっていないと借してもらうことはできません。

また、ローンを契約するには安定継続した収入が必要という条件が必須となっていることが多いので勤続年数は最低でも2年以上必要と言われています。

返済能力もローンを組む上で重要なポイントになりますので最低でも200万円以上の収入が必要になると考えておきましょう。

いずれにせよ、借主が学生自身というのは珍しいことなので奨学金を申請した方が現実的だと思います。

埼玉りそなの教育ローンについてご説明します。

埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前で提供されています。

りそなの教育ローンは変動金利になりますので毎年4月1日と10月1日に金利が更新されます。

現在の金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は、1.80%の割引金利となります。

最大借入可能額は500万円で返済期間については最長14年まで借入可能です。

在学中は元金据置期間の設定ができたり、入学金を払ってしまった後でも3ヶ月以内に申し込めば借入れ可能です。

関連ページ